重要なお知らせ

レセプト管理士試験 実施日の変更について

第1回レセプト管理士資格試験の実施日を下記の通り変更しましたのでお知らせいたします。

【変更前】2022年2月13日(日)   13時45分~

【変更後】2022年8月11日(木・祝) 13時45分~

  • 万が一、8月の感染状況で実施が困難な場合には、8月頃にオンライン等在宅受験にて実施する方向で検討しています。
  • キャンセル等につきましては、日本レセプト学会年会費は、お支払日に会員登録済みとなりますので原則返金できません。
  • 1月15日までにお申し込みをされた方は、8月の第1回資格試験受験者となり、8月の受験票をお送り致します。
    8月の試験会場を確認後にお送り致しますので、受験票はしばらくお待ちください。
  • 第2回レセプト管理士資格試験(2022年8月)の受験を予定していた方につきましては、今後検討致します。
  • 今後、資格試験に関するお知らせを致しますので、ホームページをご参照ください。

レセプト管理士の採用について

病院、医科・歯科診療所、薬局、福祉施設経営者の皆様へ

 有資格者を採用することで、レセプト管理士会から点数等の相談、今後の見通しなどをレセプト管理士がレセプト管理士会を通して、各施設単位での経営計画に必要な情報を得ることができます。そのため、情報収集力が飛躍的に高まります。
 さらに、レセプトデータを有効に利用する技術も研修等で身に付ける機会を用意致しますので、ご採用の程、宜しくお願い致します。各現場の医療福祉従事者のスキルアップとしても、ご検討のほど宜しくお願い致します。

医療関連サービス業の皆様へ

 資格を有することで営業力を高めることが期待できます。例えば、訪問先の院長へ最新の診療報酬などの情報提供をすることが、よりしやすくなります。
 レセプト管理士は、このような営業力アップになる専門的な力が身につくよう研修等の機会を用意致します。

養成校の皆様へ

 医療事務系、歯科助手・歯科衛生士系、介護事務系、調剤薬局系の学科につきましては、レセプト管理士有資格者の就職は有利になると考えられます。
 ひとりでも医療等の現場で勤務するレセプト管理士がいれば、点数改定時などは、レセプト管理士に聞くことができるため、大変心強い存在になるでしょう。
 すぐに様々な現場からその存在価値を認められると考えられます。