レセプト管理士 受験概要ページ

日本レセプト学会ホームページより申し込みいただけます。

試験日程年2回(2月、8月)実施
受験申込期間令和3年11月5日(金)~令和4年1月15日(土)
受験日令和4年2月13日(日) 令和4年8月11日(木・祝)
※試験開始時間等は、後日お知らせいたします
※1 協賛会員校は別途変更可能

※新型コロナ オミクロン株の蔓延防止対策として、試験日を変更しました
受験料一般:8,000円   学生:4,000円
受験会場札幌、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡(全6会場)
※1 協賛会員校は、各校を受験会場とすることができます   

【予定会場】※都合により変更する場合があります
 札幌:北海道大学   東京:実践女子大学
 名古屋:藤田医科大学 大阪:大阪人間科学大学
 岡山:就実大学    福岡:九州大学
試験時間【学科試験】
  13:45~14:30 (45分間)
【読解実技試験】
  14:45~15:30 (45分間)
受験資格申込時に、日本レセプト学会の会員であること。
また、下記の受験資格の条件についてを参照のこと。

※非会員の方は学会の会員登録等の手続きが必要です

※1協賛会員校は日程および会場を会員校で受験できるよう、各校で決めることができますが、試験監督を会員校に委託しますので、別途手続き、協賛会員になることが条件になります。会員校のご相談は、日本レセプト学会ホームページの「お問い合わせ」からお申し込みください。
  協賛会員については、学会ホームページの「入会・更新・退会」より、閲覧できます。(1口あたり12000円)受験者数が40名以上の学校につきましては、5口以上をお願い申し上げます。
※2 新型コロナ感染により、試験日の延期が生じた場合、受験料は返金できません。次回の8月に受験となります。 

受験資格の条件について

一般受験者の受験資格条件

以下の条件を満たすこと。
 1.日本レセプト学会に入会していること
 2.ア~ウのいずれかに該当する方
   ア)
医療福祉系現任者各種事務系職員、ほか医療福祉分野のすべての職(在職証明不要)
     (例)医療事務、院長、施設長、ケアマネージャ、歯科衛生士など
   イ)ア)に相当し、過去に在籍したことがある方で現在在籍していない方
     (過去に在職3ヶ月以上の在職証明書が必要。書式は自由)
     ※但し、医療福祉系資格を所持している方は、在籍3ヶ月未満であっても在職証明不要

   ウ)医療福祉系経営者、経営コンサルタント系企業など、レセプト関連業務に携わる方
     教育・研究者、関連の情報系技術者、医療情報系インストラクターなど(在職証明不要)


※受験資格の無い方(一例)
 ・医療福祉系の勤務経験がない場合は、
医療福祉系の資格を所持していても受験できません。
 →その他の受験者として受験していただくことになります

学生受験者の受験資格条件

以下の条件を満たすこと。
 1.日本レセプト学会に入会していること但し、卒業するまでは無料会員とする

 2.レセプト系授業(医科、歯科、調剤、介護)のいずれかの科目履修、または学内・学外の資格講座
  を受講していること
  例)教育学部の学生で、通信教育にて資格を取得した場合、受験可能
  ※但し、2年課程以上の専門学校、短期大学、大学などの在籍者であること


※受験資格の無い方(一例)
 ・高卒後の専修学校1年課程在籍者や高卒後の通信教育講座の受講者
 ・看護学科等の医療系課程でレセプトに関係する科目(例えば保健制度概論など)が全くない場合

 →その他の受験者として受験していただくことになります

その他の受験者(受験資格の無い方)

受験資格の無い方一般受験者または学生受験者に該当しない方)は、以下の条件を全て満たすことで、受験していただくことができます。
 1.受験前までに日本レセプト学会に入会し、学術大会またはレセプト管理士会指定研修を受けている
  こと(詳しくは、研修のご案内をご参照ください。)
 2.合格後は他の受験者とは異なり、永久登録までの間に指定研修を受けなければ永久登録の手続きが

  できません

資格試験 出題範囲

試験は2種類(学科試験及び読解実技試験)です

A 学科試験(全分野共通):45分

基本となるテキスト:『レセプト管理論』(出版社:同友会)
※『レセプト管理論』から出題されます
※お近くの書店等でお買い求めいただき、ご用意ください。
※追加資料は、以下のリンクから入手できます。

  • 学科試験出題範囲
    1. 共通学科問題(選択式:各分野から3問程度ずつ出題)
      • レセプト管理分野
      • レセプトコンプライアンス分野
      • レセプト情報の活用分野
      • 医療サービスマネジメント分野
      • 国際化・日本と海外の制度分野
      • 統計分野(詳細については、こちらをクリック)
    2. 選択学科問題(選択式:各分野から3~4問)
      • 以下のどちらかを選択する
        • マネジメントにおける病院事例と医療マーケティング・レセプトマネジメント
        • 介護レセプト、介護保険・福祉制度、LIFE、海外介護人材の現状

B 読解実技試験:45分

  • 読解実技試験出題範囲
    • 点数表の読解(記述式:10問程度)

※医科、歯科、調剤、介護のうち1つを受験申込時に選択してください。
 指定サイトである「しろぼんねっと」を閲覧して受験します。
 試験会場にて、スマートフォン・タブレット端末などを閲覧しながらの受験となります。
 どの分野で受験しても、合格した場合は『レセプト管理士』となります。

統計分野の出題基準:統計データの基礎知識の理解

  1. 調査項目の理解
    • 量的変数、質的変数の違いを理解している。
    • 【具体例】統計データの性格の違いを認識し、量的変数と質的変数に分けることができる
    • 【具体例】クロス集計表が理解できる
    • 【具体例】複数の項目を組み合わせて集計することができる
  2. グラフ表現の理解
    • 量的変数の集計やグラフ表現ができる
    • 【具体例】棒グラフ、円グラフ、帯グラフ、幹葉図、レーダーチャートなどを作成し読み解くことができる
  3. 時系列データの理解
    • 時系列データを理解できる
    • 【具体例】時系列データをグラフに表すことができ、時間的な推移を把握することができる
  4. 度数分布表の理解
    • 度数分布表とヒストグラムについて理解している
    • 【具体例】量的変数から度数分布表、ヒストグラムを作成し、分布の様子を調べることができる
  5. 分布の位置を示す代表値の理解
    • 代表値(平均・中央値・最頻値)について意味と必要性を理解している。
    • 【具体例】代表値を用いて分布の特徴を把握し、説明することができる


統計分野については、以下の動画をご覧ください。

追加資料

ダウンロードテキスト

試験問題サンプル(出題例)